ホーム > 病院概要 > 沿革・概要・憲章

沿革・概要・憲章

概要

名 称 社会福祉法人恩賜財団 島根県済生会江津総合病院
所在地 島根県江津市江津町1016-37
電話番号 TEL.0855-54-0101(代表) FAX.0855-54-0171
開設者 島根県済生会支部長 田中増次
管理者 病院長 中澤芳夫
診療科目 消化器科 ・ 呼吸器科 ・ 神経内科 ・ 循環器科 ・ 内科(糖尿・内分泌・一般内科) ・腎臓内科・ 放射線科 ・ 皮膚科 ・ 産婦人科 ・ 小児科 ・ 眼科 ・ 整形外科 ・ 外科 ・ 脳神経外科 ・ 泌尿器科 ・ 耳鼻咽喉科 ・ リハビリテーション科 ・ 麻酔科・ 精神科 <計 19 科>
許可病床数 300床  稼働病床数260床 (一般160床(うち地域包括ケア病床60床) : 療養100床 )
主要診療設備 心エコー ・ 腹部エコー ・ 内視鏡室 ・ 救急処置室 ・ バイオクリーン手術室 ・ シネアンギオ室 ・ 人工透析室 ・ 理学療法室

沿革

昭和30年 4月 島根県済生会江津病院発足 病床数:49床
昭和31年12月 第1期増改築整備 病床数:92床
昭和39年 8月 第2期増改築整備 鉄筋コンクリート3階建 延面積:2,344m2 病床数:150床
昭和41年 4月 済生会江津病院附属准看護学院開設
昭和44年 4月 島根県立特別養護老人ホーム白寿園(100床)を受託経営
昭和46年 3月 第3期増改築整備 鉄筋コンクリート造 延面積:5,666m2 病床数:200床
昭和51年 3月 済生会江津病院附属准看護学院廃止
昭和55年10月 第4期増改築整備 鉄筋コンクリート地下1階地上5階 延面積:10,464m2 病床数:250床
平成 2年 2月 増床50床 許可病床数:314床(一般300床:結核14床)
平成15年 2月 結核14床 廃止(一般300床)
平成15年 4月 一般30床を療養病床へ転換(一般270床:療養30床)
平成18年 6月 現在地へ移転新築 鉄筋コンクリート6階 延床面積:19,793.7m2 病床数:300床(一般病棟220床:回復期リハビリテーション病棟40床:療養病棟40床)
平成21年4月 療養病棟40床休止
平成22年4月 一般病病棟48床休止
平成24年4月 療養病棟88床再開(一般病床48床を療養病床へ転換)
平成27年7月 一般病棟172床(うち地域包括ケア病床60床)、回復リハビリテーション病棟40床、療養病棟88床
平成28年3月 一般病棟172床(うち地域包括ケア病床60床)、療養病棟128床(回復リハビリテーション病床40床を療養病床へ転換)

憲章

私たちは、患者さんの体調と気持ちを大切にし、待ち時間の短い受付業務、診療体制を整えることも大切な「医療」のひとつと考えています。 信頼を表す玄関を入れば受付ロビーです。職員はまごころをこめ、笑顔を添えて対応いたします。 緊張と不安な気持ちでいらっしゃる患者さんの心が和むことを願っています。

  1. 社会福祉法人として済生会創立の原点である「救療済生」の精神に則って医療を実践します。
  2. 地域のニーズの正確な把握に努め、地域住民の要望に応える総合診療施設としての機能を果たします。
  3. 高齢者の生きがいや人間性を重視した、安らぎのある療養環境の整備に努めます。
  4. 救急医療の充実に真摯に対応し、地域住民の不安の軽減に努めます。
  5. 地域における保健や福祉との連携や特に開業医との連携を図り、ネットワークづくりに努めます。

年々進む医療設備機器の充実は、早期発見はもとより、精度の高い正確な診断を支えます。 地域の中核医療施設として、その重要な責務を果たすため最新の医療設備機器を導入。 予防・診断・治療の一貫した医療体制を整え、安心と信頼の医療を支えています。

ページトップへ戻る