ホーム > 薬剤部

薬剤部

薬剤部には、現在3名の薬剤師と2名の薬剤助手が勤務しています。

当院におきまして外来患者様は、救急( 夜間・休日 ) ・ 透析 ・ 自費診察等の一部を除き、病院の外の調剤薬局でお薬を受け取っていただく 「院外処方」 が基本となっておりますので、直接お目にふれる機会は少ないかと思いますが、薬剤部の業務について紹介させていただきます。 私たちは、調剤、製剤、服薬指導等を通じて、患者様の薬物治療が安全かつ最大限の効果を得られるものとなるよう願っています。

主な業務のご紹介

調剤
院内調剤では入院処方箋を中心に、医師から出された処方の内容 [ 用法(いつ服用するか)・ 用量(投与する量)・ 重複投与(他の科で既に投与されていないか)・ 配合適否 ・ 飲み合わせ等 ] をチェックし、必要があれば処方医師に疑義照会を行った上で調剤を行います。 錠剤は原則的に、自動錠剤分包機を用いて一包化することにより、患者様の利便の増進と服用間違いの防止を図っています。 院内処方の患者様に関しましては、文書等により服用されるお薬についての効果・副作用を含めた情報も提供しています。 その他、薬に対するご相談は「お薬相談コーナー」で対応しています。
注射薬
注射薬は、注射薬自動払出装置により患者様ごとに個人別セットを行っています。 機械化されている部分もありますが、もちろん人の目による最終確認が欠かせません。
製剤
診療上有用であるにもかかわらず、市販品がない医薬品もあります。 このような場合に院内で調製を行います。外用剤が中心となります。
薬剤管理指導業務
薬剤師が病棟まで出向き、入院患者様に対して処方されているお薬に関する説明を行います。また過去の服用歴、患者様から得られた情報などを医師・看護師に対して提供し治療に役立てられるような一連の業務のことをいいます。
医薬品情報管理(DI:Drug Information)業務
日々新しくなっていく医薬品に関する情報を収集・整理して蓄積し、必要に応じて医療スタッフや患者様に提供する業務です。さまざまな問い合わせに対し迅速かつ的確にお答え出来るよう心がけています。

お薬手帳を活用しよう!

  ※上記コンテンツをご覧いただくためには、Adobe Flash Playerプラグイン(無料)が必要です。 Adobe Flash Playerはアドビシステムズ社のサイトからダウンロードが可能です。 get adobe flash player

ページトップへ戻る