ホーム > 診療科ご案内 > 内科(消化器科)

内科(消化器科)

主な内容
食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝、胆、膵など消化器疾患全般を担当しております。 最新の内視鏡システムを導入しており、診断から治療まで積極的に取り組んでおります。 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)をはじめ、胆膵系に至るまであらゆる内視鏡的治療をスタッフがチーム一体となって行っております。 また、週1回外科とのカンファレンスを行っており、患者様にとってベストの治療を受けていただけるよう日々努力しております。
検査
内視鏡(上下部消化管、胆膵、超音波内視鏡)、消化管透視、膵胆管造影、CT、MRI エコーおよびエコーガイド下生検
内視鏡治療
早期がん(食道、胃、大腸) ESD(粘膜下層剥離)、EMR(粘膜切除)など 進行がん ステント留置、バルン拡張など 総胆管結石:砕石、採石、胆管ドレナージ 食道静脈瘤:EIS(硬化療法)、EVL(結紮術) 胃瘻造設術
その他治療
進行がんに対する化学療法 肝がんに対するエタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法 閉塞性黄疸、胆嚢炎に対する経皮的ドレナージ
医療設備
上部内視鏡、下部内視鏡、胆膵内視鏡、腹部エコー、超音波内視鏡他
外来診療日担当一覧
ブースNO
5 坂口琢紀 堀江 裕 非常勤医師 非常勤医師 鳥飼勇介

昭和49年卒

堀江 裕(ほりえ ゆたか)名誉院長

専門医
内科学会、消化器病学会、肝臓学会
専門分野
ポルフィリン症の診断・治療、消化器一般、肝臓病

ページトップへ戻る