ホーム > 技術部 > 臨床工学技術科

臨床工学技術科

臨床工学技術科とは

臨床工学技士は1987年に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。我々、臨床工学技士(病院ではME:Medical Engineerと呼ばれる事が多い)は医師の指示を受け、診療の補助として生命維持管理装置の操作及び保守点検を行います。 現在当院には4名の臨床工学技士が在籍しております。休日や夜間の緊急時には素早く対応できる様、交代で待機も行っております。 まだまだ一般の方にとっては馴染みの薄い職種と言えるでしょうが、年々多様化する医療機器を安全に提供できるよう日々努力をしております。

主な業務のご紹介

血液浄化業務
主に血液浄化センターで血液透析を行っておりますが、各種血液浄化や持続的血液浄化も行っております。
人工透析について
人工呼吸器関連業務
現在当院には9台の人工呼吸器を所有しており、貸出や点検を行っております。またマスク型人工呼吸器(NPPV)は院内に常に2台は準備できるよう業者と連絡を取り合っております。
心臓カテーテル検査業務
主に術中のポリグラフの操作を行います。また補助循環装置であるPCPSやIABPの操作、管理、点検もしております。
心臓ペースメーカー業務
ペースメーカー外来や植え込み手術時のアナライザーの操作を行います。
その他
輸液ポンプ、シリンジポンプなどは3階のポンプ室で中央管理しており、返却後には点検を行っております。またベッドサイドモニターや低圧持続吸引器、保育器等の保守・管理も随時行っております。

ページトップへ戻る